「面倒くさい」はチャンスを逃す

子ども達の口癖№1は「メンドクサイ」です。

来て早々に「メンドクサ~」と言いながら準備、なおしも「メンドクサイ」、中には新しいことを教えようとした時でさえも「メンドクサイ」「ムリ」「やらない(やりたくない)」「どうせ~だから」と言う子も。
好奇心に満ち溢れているはずの子ども達の口からは、悲しいかな そんな言葉ばかりが出てきます。

この言葉がどれだけのチャンスを逃しているでしょう

割合で言うと、そういった言葉を使わない生徒の方が多いのですが、聞いているうちにつられて使う生徒もいて、子どものうちから本当に勿体ないな~と思います。

私はいつも「面倒くさいはチャンスが逃げるよ!」と言っています。(「メンドクサイ」ばかり言う子をレギュラーに選ぶかな?キャプテンを任せるかな?遊ぼうと誘うかな?と言うように。)

「できない」と「やらない」は違います。否定的な言葉は自分の可能性を摘んでしまう言葉。
ピースは、常にポジティブキャンペーン中
今はまだ少ししか響いていない子、少しも響いていない子もいますが、いつかそういった言葉を誰ひとり使わなくなる日がくることを期待しています

高校生??

ピースのホームページは友達が作ってくれました。

私は全く出来ないので、もちろん更新もお願いしているのですが、お願いした事以外にも、例えばブログに検定試験の事を書いていたら検定のページを作ってくれたり、生徒に渡しているレッスン予定表を見たら、いつでも確認できるようにHPに載せてくれたり…彼女自身忙しいのに、気づいたら色々とやってくれます

先日、ケルヒャーでキレイになった塀の記事を書きましたが、せっかくなので教室の外観の写真をAfterに替えて欲しいとお願いしたら、早速替えてくれていました。早っ

この彼女、時々そろばんをしに来ていますが、出会った生徒達は「先生、あのひと高校生?」と聞いてきます
大人だとわかってからも、「高校生みたいな人」と言われています
確かに若く見えるけど、高校生はうらやましすぎるっ

そろばん教室をするようになって、色々な方に助けてもらったり、気にかけていただいているんだという事を、より感じるようになりました。彼女もそのうちの一人で、いつも本当に感謝しています

家の塀

教室は私が育った家なのですが、建てたのは小学生の頃なので、もう随分古いです
古いなりにも少しでもキレイにということで、先日父が門柱の横の塀を綺麗にしてくれました。

昔から日曜大工、力仕事は何でもササッとやってくれていましたが、年には勝てないのか近年はやってくれるまでの腰が重い重いっ
でも、私が教室を始めてからは、教室に関する事だけは色々とやってくれるので、教室をしていなければきっと塀もこのままだったかもしれません。。。なんにせよ、ありがたいです^^

使ったのはこちら↓
keruhya-2.jpg
ケルヒャー高圧洗浄機です。
これ、威力がすごいんです!あまりにもキレイになったので、Before/Afterをご紹介します。

Before
門柱汚

After
門柱2

もういっちょBefore
門柱汚2

After
門柱3

ケルヒャーすごい落ちないだろうと諦めていた汚れも、こんなにキレイに落ちるんですね~って、まるで通販のようですが…

キレイになると欲が出てしまって、ちょっとしたムラ(水圧で落とすので、ほんの少し残った部分がムラになって見えます)が気になってしまうもの
でも、また掃除してもらいたいので言いませ~ん

コップのフチ子さん

ガチャ1

久しぶりに書く記事がコレってどうなんだろうと思いながら書いています

甥っ子のガチャガチャに付き合っていた時に出逢いました。
制服を着たOLが色々なポーズでコップのフチに引っかかるようになっています。
その名も「コップのフチ子」さん

最近のガチャガチャコーナーはものすごく広くて種類も沢山あるので、待っている間にグルッっと一周~。
リアルに作られた本格的な生き物シリーズの横にあり、全然目立たないのに何故か気になってしょうがないんです。
甥っ子もまだのようなので、もう一周~。やっぱり気になって…やってしまいました

ガチャ2

帰って早速コップのフチへ!
「それで?」っていう…本当にフチに引っかかる…ただそれだけなんですが…
「あれ?なんだこれ?癒される~
見てるだけで脱力するといいますか、フフッっと思わず笑ってしまうんです。
フチ子さんはなかなかの癒し系OLでした

フチコピカチュウ

6月のお休み

6月のお休み

6/29(土)

そろばんグランプリ兵庫大会

会場

4月28日、そろばんのまち小野市で「そろばんグランプリ兵庫」という大会がありました。
兵庫県珠算連盟主催、小野市共催の大会で、明石からも優秀な選手が出場していました。

トーナメント

この大会は普通の大会と少し違っています。
普通は総合得点で順位を競うのですが、この大会は1対1のトーナメント形式なので、なんともいえない緊張感があります。
決勝ともなると0.01秒(もっとかな?)を争う世界です。
すごい選手たちが、ものすごい練習を重ね、それでも簡単には勝てない世界。
そろばんは頭のスポーツなどと言われていますが、まさにそうだなぁと感じる瞬間でした。

兵庫一

こういった対戦を見るだけでも、物事への取組み方の意識が変わると思うし、大会を経験するだけでも成長できたりすると思います。
ですから、当スクールの中からも来年には参加出来る生徒が出てくればいいなと思っています^^

そろばんチョコ

ちなみに、兵庫一に輝いた選手への副賞は「チョコレートで作られたそろばん」でした。
珠の部分は1粒ずつ違うフルーツの味になっていて、小野の有名なパティシエの方がこの為に特別に作られたそうです。
写真を撮らせてもらったのですが、実物はもっと大きかったです
04 | 2013/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

リッツコ

Author:リッツコ
兵庫県明石市太寺で、そろばん・あんざん・さんすうの教室をしています。
思いついた時に更新していこうと思っています。
よろしくお願いします。

最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ(年括り)
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR